「きぼう」のつくりかた

国際宇宙ステーションのプロジェクトマネジメント
表紙
長谷川義幸 著

ISBN978-4-8052-0914-1

四六判/336頁

2,800+税


概要

高度400kmの宇宙に実験室を作り、そこに日本人宇宙飛行士を送り込む。国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の建設という巨大プロジェクトはいかにしてなし得たのか。筆者は、まだ「きぼう」が紙の上にしか存在しなかった頃からこのプロジェクトに関わり、その黎明期から日本の有人宇宙開発を現場で見守ってきました。そんな氏の言葉は、日本の宇宙開発史の貴重な証言であると同時に、困難なプロジェクトを成功に導くヒントが沢山隠れています。

著者

長谷川義幸(Yoshiyuki Hasegawa)
元宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事、現技術参与。国際宇宙ステーション(ISS)プロジェクトに1989年から参加、日本で初めて宇宙飛行士および管制要員の訓練制度の整備と宇宙飛行士の選抜、訓練、飛行および運用管制官の育成計画および訓練システム開発に携わる。その後、その後国際宇宙ステーションプログラムマネージャなどを経て、JAXA理事に就任。2016年より現職。

目次

第1部 「きぼう」はいかに作られたのか?
 第1章 国際宇宙ステーション前史
 第2章 史上初の大規模国際協同プロジェクト
 第3章 「きぼう」の開発
 第4章 「こうのとり」の開発

第2部 「きぼう」はいかに運用されているのか?
 第5章 システムエンジニアリングとプロジェクトマネジメント
 第6章 危機管理と安全対策
 第7章 巨大プロジェクトを支える組織
 第8章 宇宙開発ではどのような人材が求められるか

第3部 我々は「きぼう」からなにを得たのか?
 第9章 国際宇宙ステーションで我々が得たもの
 第10章 外交手段としての宇宙開発